脂肪肝とは

脂肪肝とは

脂肪肝を御存じですか?

脂肪肝(しぼうかん)とは病気の名前で、
肝細胞の内部に脂肪が異常に多く蓄積した状態を言います。

脂肪が肝臓の重量の5%を超えた場合、
または、肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積している場合に、脂肪肝と診断されます。

しかし、脂肪肝はあまり自覚症状がないのが特徴です。
酷くなったときに、食欲がなくなったり、疲労感を感じたりする程度です。

そのため、血液検査により偶然発見されることが多いようです。

脂肪肝は重大な疾患につながるようなことはありませんが、
ごく稀に肝硬変へ移行することがあります。
また、肝機能を正常に保つためにも、
蓄積した脂肪を取り除くことは大切です。

脂肪肝を招く原因として、
肥満、アルコール、糖尿が挙げられます。
このどれか一つが原因で発病する場合もありますが、
複合的に作用し、脂肪肝が発生することもあります。

なので、原因を明らかにし、体重をコントロールしながら、
原因に相応しい対処が必要になってきます

例えばアルコールが原因の場合禁酒が大前提になります。
禁酒により脂肪の合成が減少し、
肝臓を占める脂肪の割合を減らすという方法です。

糖尿病が原因の場合は、糖尿病の食事療法で改善していきます。

自覚症状がないので、もし脂肪肝が気になる方は、
一度、医師の診断を受けてみるのもいいかもしれません。